痛風とは | 痛風予防にザイロリック・ジェネリック!成人男性は特に注意!

痛風とは

「痛風とは」のフォトイメージです。

痛風、という名前は耳にすることが多いと思います。
特に、20代から50代くらいまでの男性に多く発病する病気で、冒頭でも言ったように過度のアルコール摂取により発病リスクを高めるものです。
しかも、ある日突然症状が見られ、そしてその症状はかなりの激痛を伴うものなのです。
痛風は、1960年代頃まではほとんど世間的に認知されていない病気でした。しかし、1970年代頃に海外の飲食物が多くで回るようになり、この頃から痛風の発病率はぐんと上がりました。
食生活が大幅に変化したことで発病年齢も年々変わってきており、今までは40代50代が発病すると言われていたにも関わらず、20代の発病率も上がっているので、いつ誰にその症状が現れるか分からない、非常に危険な病気なのです。
そんな痛風の症状ですが、痛風発作は何度も言っていますが、かなりの激痛です。
二度とあんな痛い思いをしたくない!とトラウマになってしまうほどの激痛が足元に走るので、もちろん歩行するなんてことは出来ません。
そうなると外出することも難しくなるので、病院に行くにしても救急車を呼ぶしか方法がなくなります。
しかし、痛風は発作的に起こるものなので、数日すればすぐに痛みが引いて、何事もなかったように普通に歩けるようになります。
それが危険でもあるのです。そこで治ったと勘違いし、治療などを一切やめてしまうと、また発病する可能性があるのです。
もし仮に数日で痛風発作が止まっても、ザイロリック・ジェネリックでの投薬治療はしばらくの間は続けるようにしましょう。